人との会話って難しい!!

今日は、最近自分自身がよく社長から指摘されることについての

反省と振り返りについて書いてみようと思います。

 

 

僕自身最近、悩んでいる、というか

改めて難しい!!と感じることがあります。

 

「人との会話」です。

 

人との会話って、正直、今まで人前で話すことも苦手だった自分が

人前でたくさん話を出来るようになっていていたのは、実感としてあったのですが、

 

その根底には、「思ったことは全部伝えなきゃ!」という部分で

今まで人との会話をしてきたと思います。

 

 

people meeting in room

 

でも、最近よく社長から

「言い過ぎ」とか「相手の話に対して、自分の意見を出しすぎている」といった指摘をクライアントとの面談後にされることがあります。

 

これは、今まで「自分の思ったことは正直に伝えよう精神」でやってきた僕に対し、

昔の自分からすれば、思った事を伝えられるようになったんだな。と思う反面。

 

そういう部分では

ダメな場合もあるんだな、と実感します。

 

 

気を許せる人との間の会話であれば

どんだけ自分の話をしてもいいし、別に怒られることなんてありません。

 

しかし

 

 

いまの仕事においての会話って

「敬語」とかそういうレベルではなく、

 

その人・場面に沿って「ギア」を変えるような感覚を持つこと。なんではないかな。と感じます。

 

 

focus photography of car shift gear

 

 

「相手の話を受け入れる」という事について

以前のファシリテーションでもそうですが、

 

tomobloge.hatenablog.com

 

 

自分の意見ではなく、会話の中で

 

相手はどんな事を伝えたいのか。

自分には何を求められているのか。

この人の一番伝えたいことは何なのか

 

その人の指針について、

「間違いを指摘をすること」が良いことだ!その人の為!と思っていました

 

なんだか誤解を受けて受け取られそうな気もしますが、

 

「間違い」について、完全な犯罪は別ですが、

相手の意見の指標・手順について、「ダメです!違います!」「こうですよ!」といった会話ではなく、

 

「そうですね。ちなみにこういう事も考えられそうですけどどうでしょう?」のようなスタンス。心・会話の余裕も持つようなイメージでいたいと思いました。

 

それで、相手が自分と違う選択をしたら、「そっちが正解」のような感覚。

 

 

 

 

ただ単に「良い」「悪い」で判断するのではなく

 

「その人の目的に寄り添った会話というものがこの仕事において

自分が求められている部分であるんではないかな。と感じます。

 

 

woman on bike reaching for man's hand behind her also on bike

 

 

「素でいること」「自然体な」といったことが大切という意見もあるだろうし、

逆に何も言わずにただ話をきいているだけ。の頷きロボットになってもいけません。

 

「自分」よりも「相手」といった会話について、

今まで考えたこともありませんでしたが、

 

ここらへんが今の自分に足りない部分であり、

 

今後の自分自身の課題でもあることに気付きました。

 

 

 

すぐには難しいとは思いますが、

「相談される人」「されない人」

コーチング」など

「人との会話」をする上で、とても大切な部分であり、求められる根底部分ではないのかな。と今の自分は思っています。

 

「話を聞いてもらってよかった」と思われる人になれるよう

すぐには難しいですが、意識して取り組んでいこうと思います。

 

 

 

 

 

たくさんの方の「やってみたい」を「実現」させたい!!

 

そんな想いでブログを更新していきます!

 

それではまた!

「社会保険」って一体なに??

社会保険について勉強したことのまとめです

 

前にもちょっと書いたの見返したら内容ボロボロでした(笑)

書き直しです!

 

 construction worker men holding hammer

 

 

まず社会保険の中には

・健康保険(病院の診察が3割で受けられるもの!)

・厚生年金(65歳以上で年金が受け取れるもの!)

(+介護保険(40歳以上になったらで払うもの!))

の三つが社会保険と言われます

 

 

 

社会保険の加入条件は

 

 

◇株式会社(法人)を作った場合

※必ず加入しなければなりません。

※従業員がいなくても社員が社長本人一人だけでも絶対加入になります。

 

 

◇正社員として雇用する場合

 ※必ず加入しなければなりません。

 

 

◇パートの場合

 ・正社員と比べて3/4以上労働時間が同じ

 ・週20時間以上働いている

 ・退職までの期間が決まっていないこと(期間工などは不可)

この3つが適用であること

 

 

会社(法人)は社会保険に加入した人の半分は会社が負担しなければならないので

会社の立場からすると、正社員を雇うと負担がでかくなります。

 

 

 だいたい負担額は30%(個人15%法人15%ずつ)くらいが目安です。

 

 

 woman standing on metal bridge

 

 

 

社会保険料の決まり方は

自分で会社を設立する場合

自分の給与(役員報酬)を決めます。

これは一年間固定になります。

 

例えば、30万と決めたら、

社会保険料一覧表より、その社会保険料を定めます。

 

そして加入するには

社会保険に加入する場合は「年金事務所」に行き届け出なければなりません

 

 

この社会保険料

「4,5,6」月に基礎算定と言われるもので、この三か月の平均値がその後の一年間の社会保険料となります。

 

この社会保険にはあるルールがあり、等級と言われる社会保険料の金額のランク付けがされおり、2等級以上変動があった場合、変更の届出を出さなければなりません。

 

もし、8月に昇給し基本給が2等級以上上がった場合は変更届けが必要になります。

 

 two person writing on paper on brown wooden table

 

そして、

雇用保険

労働災害保険

 

もあります。

この2つをまとめて、「労働保険」と言われています。

 

雇用保険

失業した時に自分が失業保険を貰えたり、

再雇用の教育訓練給付金と言われるものが貰えたりします。

 

 

労働災害保険

労働中にケガをした場合にお金がもらえます。

 

雇用保険労働災害保険共に

労働者1人でも雇用すれば、加入が必須となります。

もし加入しなければ、未加入時期からさかのぼって、

延滞税やら加算税がとられるので、加入しないと後から納付請求がきます。

 

 

 

 

加入手続きは、労働基準監督署に行ってから、ハローワークに行けば

加入することが出来ます!

 

 

 

だいたい、ここらへんまでは何も見なくても

覚えて説明できるようになってきたかな。

 

 あくまで、

保険は「労働者」を守るためのもの!ということ。

そして、経営者視点。労働者視点。という両方も立場から考えて

業務に取り組んでいこうと思います!

 

うまく伝えていく事を意識的に取り組んでいこうと思います。

 

 

 

たくさんの人の「やってみたい」を「実現」させたい!!

 

そんな想いでブログを更新していきます!!

 

それではまた!

「ファシる人フォーラム」に行ってきました

ファシる人フォーラムに行ってきました

 

会場に行ってみると40,50人以上いました

 

テーマは「ファシリテーション」です

 

ファシリテーション」という言葉を知っていますか?

 

f:id:tomobloge:20190918190129p:plain

 

この「あり方」については

一言でしゃべられることは出来ませんが、

自分なりの解釈として

相手の意見に対して否定することなく、

自分の中に落とし込む。ということ

 

会議などでも

「特定のひとしか喋らない」「いつまでも長い時間結論も出ずに行われている」

「テーマが気づいたらずれている」など

 

相手を尊重・否定しないあり方こそがファシリテーションなのかな。と感じました。

 

ファシリテータとしての立場のあり方をほんのそこーしだけ学ぶことが出来たような気がします。

めちゃくちゃ奥深いものなので、なかなか理解までには難しそう。

今後についても学びたいと興味をもった分野もたくさんあったので個人的に勉強します

 

 

f:id:tomobloge:20190918190710p:plain

 

f:id:tomobloge:20190918190759p:plain

 

そして、

参加者が最高でした。

 

同じ20代でも、自費で遠くの県外から

色んな人が来ていて、

ほとんど同じ年。年下の大学生。中には高校生まで。

自費で県外からきて、この日の為にパワーポイントの資料を準備し、発表をしている姿を見て、

正直、悔しかったです。

 

この悔しいというのは、同じように発表をしたい訳ではありません。

 

話を聞いていて、自分だったら、

そこまで熱意をもって取り組めるのか。ということも

自分なりに考えさせられました。

 

そして、

自分のしたいと思っている「10代」「20代」の起業。ということですが

 

10代・20代に起業をさせる

 

ではなく

 

10代・20代でも起業という選択肢を持てる様なサポートを出来るようになること。

 

 

こっちのほうが、自分の中でしっくりくる部分があるんではないかな、と感じました。

 

 

そして、10代・20代の人の持つエネルギーを昨日は本当に実感しました。

 

そして、これからの需要性についてもとても感じることが出来ました!

 

f:id:tomobloge:20190918190308p:plain

 

昨日のイベントで終わらず、今後も引き続き関係性を気づける人たちに

たくさん出会うことが出来ました!

本当に嬉しかったです。

 

 

今、目の前の実務から一つずつ集中して取り組んでいき

もっと頑張ろうと改めて思える日になりました!

 

f:id:tomobloge:20190918190213p:plain

 

今日はブログというより日記です!終わり!

 

 

 

 

「株式会社あつまる」に行ってきました!

先日、東京にある
株式会社あつまる という会社のセミナーに参加してきました。

セミナー内容というのは
「ビジョン作り」です。

そもそも、自分がなにをしたいか。
紙に書き上げる人は世界の5%だそうです。
その5%が、実際に自分のやりたいことを
実現できる人だそうです。

 assorted-color pencil

 

この会社では
社員全員が、個々のビジョンを明確化させるところから、始まるそうです。


会場にいた女の人の社員と話をしている中で
ビジョンは何ですか?と聞いてみると
「小学校を作ること」と言っていました。

正直、最初は、これが
仕事と、どう結び付くのか全く分かりませんでした。

さらに話を聞いてみると


小学生の頃から色んな面白い大人がいる事を伝える小学校を作りたい!だそうです。


おそらく、普通の人ならこの時点で
いや、無理でしょとかってなると思うし、僕も、え?ってなりました。
その為には今の仕事じゃなくない?

って僕も思いました。

 


でも、この会社では
「ビジョンを持つこと」が目的で、
内容はそれほど重要視はしていなさそう。。

 


この会社のすごいと感じたところは
社長から、「小学校に色んな大人」を呼ぶには
「人を見る目」が必要だよね。
じゃあ、今の会社の中で「人事」の仕事をしてみない?というように導くそうです。

 teacher teaching children raising hands in classroom

 

 

 

 

要は、「結びつき」の明確化がこの会社がすごいところだと感じました。

 


社員からすれば、自分のビジョンの為に
社長が考えてくれて、この社長は自分の事を考えてくれる人だ。と感じるし、

自分の仕事についても、
業務の先の部分でも目的が持てているので
働いていて楽しい。と感じるそうです。

 


「人事」をするならこの会社じゃなくてもいいはずです。
他にも色んな会社で人事の仕事は出来ますが、
自分のビジョンに、ついて考えてくれる会社はここしかない。という風に思えるからこそ、
社員の人達はこの会社だからいい!働いていて楽しい!!と思えるそうです。


そのおかげで
この株式会社あつまる は、全国のやりがいのある会社ランキングで、ベンチャー企業で一番にランクインしているとのこと。

 

Dream Big text

 

人からみれば、もしかしたら従業員を掌握しているだけ。のように感じる人もいるかもしれませんが、根本的な考え方や、夢やビジョンに対しての考え方などとても勉強になりました。


「やりたいこと」へ取り組むうえで、
ただ「やりたいこと」を持つことではなく、

大切なのは、
「じゃあ、そこからどうするの?」という先の部分が大切なんだな。と感じました。

むしろ、そっちの方を考えてくれる人って少ないし、悩んでいる方もそっちの方が必要としているんじゃないかな、と感じました。

 


会場には全国から参加者が来ていて、
同じ20代の人もいて、すごく頭の回転というか、
まだまだ自分ももっと頑張らないと!と、と刺激を受けれました!

 

 

 

たくさんの人の「やってみたい」を「実現」させたい!!

そんな想いでブログを更新していきます!

それではまた!

20代がほんとになんでも好き勝手出来るの?

 

以前の続きです

 

よく若いうちになんでも挑戦しよう!というのもよく聞くし、

僕自身も若いうちに経験しとけ、とよく言われてきました。

 

が、

 

これってどうなんでしょう?

 

 

 

自分が18歳で入社した時も、

それなりに他の会社で入社したみんなも必死でやっていて、確かに、3,4年経ってから見れば大したことないかもしれませんが、仕事に対して、自分の出来る中でやってはいたと思うんです。

 10代20代なりにそれなりに上司に気を使ったりとか、していたと思います。

 

 

責任の重さっていうと、確かに差があると思いますが、

自分の出来る力量のようなものは、20代だから、とかではなく

 

僕は、そこは大して差がないんじゃないかな、と思っています。

むしろ、仕事に慣れだす3,4年目の方が、仕事に対する熱が冷めていると思います。(自分の経験も含めですが)

 

 

man in blue shirt standing on seashore near boy in white hat

 

 

 

僕がいうのもなんですが、

新しいことに挑戦すること。でいうと

ただ20代なだけ。で、

そこにあまり価値はないと思っています。

 

 

 

 

 新しい事を始めるのに20代だから、行動しやすいとか、

成功しやすい、とかは、差がないんじゃないかな。と思っています。

 

本当に好き勝手色んな経験が出来るのは学生までだと思っています。

 

 

 

ただ、何か新しいことをすると

したことがないことなので、自分も分からないから、

めっちゃ批判されるし、めっちゃ不安になります。

 

man jumping above rock mountain

 

そこを乗り越えられるか、どうか。

そこに20代だから超えやすいとか。はないと思います。

 

 

結婚してたり、自分以外に迷惑が相当掛かかるのであれば

相談は必要だと思いますが、

 

事情がなければ年齢がいくつになっても、

やりたいことへの挑戦は出来ると思うし、

結果も年齢に関係なくそれなりに付いてくるんじゃないかな。と。

 

 やるかどうかを決めるだけ。

 

 

 

 

なんとなーく、そんな感じの事を思ったときに、

やりたいことへのサポートが面白そうだな。

漠然と思いつきました。

 

 

 

だから、自分は必ずブログの最後は特に気にしてはなかったのですが、

「10代、20代の「やってみたい」を「実現」させたい!!」ではなく

「たくさんの方の「やってみたい」を「実現」させたい!!」にしているのは

始めたときの気持ちとしてそうだったのかな、とも思いました。 

 

person wearing brown boots walking on a wet road

 

 前回の記事の上司も

またこれから、必ずまた会うことがあるでしょう。

 

 

年齢に関係なく、

何か「やってみたい」と一歩踏み出した人には

全力でサポートし、「実現」の為に出来るサポートを

していきます!!

 

 

 

 

 たくさんの方の「やってみたい」を「実現」させたい!!

 

そんな想いでブログを更新していきます!

 

それではまた!

 

僕が「起業サポート」をしたいと思い始めたキッカケ

 

先日、前職の会社の飲み会呼ばれたので

正直行くか悩みましたが

せっかく呼ばれたので参加してきました。

 

自分が会社を退職したのが、去年の年末でそれ以降会っていなかったので

9か月振りの再開でした。

 

 

自分は途中からの参加でしたが、

まず、飲み会にいくと、すぐに

以前の上司から、

「会社にもう辞表をだして、今は起業を考えてる」と相談されました。

 

自分はこのとき、今、税理士事務所で起業のサポートをしている事もまだ言っていなかったので、とても驚きました。

 

 

話を少し聞いてみると、

自分が20代の時から、こんなお店をやりたいな、という気持ちがあって

ずっとやらないままでいたのを、退社を機にやってみたい、と思っているとの事でした。

 

 

まさか、以前の職場の上司から

そんな相談を言われるとはおもってもおらず、

働いている時もそんな話まったく聞いたこともなかったので、驚きました。

 

 

と同時に、

 

 

 

自分が「起業サポート」の仕事をしてみたい

漠然と、思いついたキッカケを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

今回の相談を受けた方とは別の方の話です。

 

以前の工場のことを少し書くと、

40,50代の人がとても多い環境で働いていました。

 

一緒に働いて仲良くなってくると、20代は色んなことが出来るからいいよな、俺も20代のころはこういうお店をやってみたかったり、〇〇屋さんをやりたかったんだけどな。という話をものすごく聞いていました。

 

なぜ、やめたんですか?今からやらないんですか?

というようなことを聞いても、やらない理由をすごく聞かされていました。

 

 

 

 

その時に、すごい違和感を感じていたのを、今でも覚えています。

 

 

 

 

その違和感というのは

 

・「20代の時したかったこと。」を40,50になっても、鮮明に覚えていて、いまも「やってみたい」という気持ちが消えていなかったこと。

 

・その話は、年齢が上がれば上がるほど、こんな客層で、規模はこのくらいで、こんなイベントをやって、などなど具体的なものであること。

 

 

そして、

 

 

・今の40,50代の人が20代のころにも、

たぶん自分と同じように、上司のひとから同じような話を聞いて、

違和感を覚えた人もいたんではないかな、ということ

 

 

 

やりたいことをそのままやらずに終えるのも、その人の自由なので、

そういう気持ちが少しでもあるのなら、絶対やった方がいい!というもの、正直おもいません。

あくまで、その人の選択の自由です。

思い付きでの起業は絶対失敗するもの分かっています。

 

 

ただ、

 

 

自分がこの先40,50,60になった時に

ずっとこういうことをしたかったんだけど、やらないまま、気づいたら定年まできちゃってた。という人に自分はなりたくないとおもったし、

 

自分の関わる人もそういう風になってほしくない。

 

と直感で感じていました。

 

 

 

 

続きは明日で!!

 

 

自己流「やりたいこと」の見つけ方②

 

前回の続きです。 


 

 

そして、もう一つ

「どんな人と出会ってきたか」

 

正直誰だって自分のしたいことってなんだろう。このままで自分の人生いいのかな。って考えることあるはずです。

 

でもそこでやっぱり、自分の中で分からない=自分のしたいことが分からない!?ってなってしまっているのかな。って思います。

 

 

 

自分だって、起業のサポートは「今」本気でしたいことであって、一生貫く事だなんて思っていません。そう思ったら勝手に一生の決断しようもんなら何も出来なくなってしまいます。今がどうかだけです。

 

 

 

 

僕自身、前半の「今までを振り返って考えた結果」のみで目指していたのが過去2年間受けていた警察官でした。当時も本気で受けていたし、間違いとも思っていません。

 

 

でもそこから

色々な人に会ってきてり、本を読んだりしてみると、

ちょっとずつ自分の考えも変わってきました。

 

自分の事って自分より、人からの方がよく分かっているような気がします

他人からの「こういう時たのしそうだったよね」とか

他の人の話を聞いても、「ここ刺さった!」ってポイントも同じ話を聞いていても、全然違います。

 

 

よくやりたい事を見つけに海外行くっていうのもあるんですが

僕の思う所でいうと、

これって半分本当

半分違うと思っています。

 woman touching world map

 

 

海外に行く=色んな人に会う。見た事ないものに触れられる。という部分で知識や経験が得られます。

 

海外に行って「やりたいこと」を見つけられる人もいますが、それだけだと、「やりたい事」を見つけられていない人も多数いることも事実だと思います。

 

見つけられる確率100%だったら、みんな海外にいくし、そうしないのってやっぱり、見つけられない人も見たり、聞いたりしているからだと思います。

 

 

 

海外に行かなくてもやりたい事を見つけられる人も多数いるのも事実で

この差はっていうと、

そこに「自分がどう考えたのか」「経験した結果自分の気持ちはどうなったのか」があるかないかだと思います。

 

 

 

 

 

 

ここでいう感情っていうのは単純に「楽しかった」「すごかった」という部分ではなく


楽しかったの中でも「今までの経験の楽しかった部分とこういう部分が重なっているから自分は海外の違った環境や場面でも同じように楽しいと思うんだ。」みたいな


自分分析をした上で自分に落とし込めているかだと思っています。

 

 


僕も「あれ、今ってなんで楽しいと思っているんだろう」「なんで退屈なんだろう」というように、考える練習をしてみると、一つの事に対して色んな考え方が出来るようになってきます。

 

 

man sitting on bench

 

 

例えば、この映画面白かったな、って思ったら

そこから、

・どこで自分が面白いと感じたのか、

・あそこでこうなったらさらに自分は面白かったな

・自分が主役の立場だったらあそこでこうするな

 

とか、色んな視点で「出来事」⇒「自分」に落とし込むのに考えてみます

 ここが、「出来事」だけで止まっていると、やりたい事は見つからず、「色んな経験をした人」で終わってしまうと思っています。

 

自分自身もたまに、そういう事を考えてみると

あぁ自分こういう部分あるなぁ、みたいに気付く事もあります。

 

 

色んなセミナーに行ったり、

たくさん海外にいったり、

たくさん本を読んだり

たくさん色んなことに手を出してみたり、

 

するのを否定はしませんが、した事でそこをゴールにしてしまったり

その先に「やりたいことはあるはず!」という状態だと、

よくある「〇〇オタク」のような自己満足状態で、あれもすごい!これもすごい!周りの知らないこと知れた!!

 

 

 

でそこまで。終わり。

 

 

 

 

そこに「自分」はないんです。

 

 

man riding bicycle beside wall with no text

 

 

僕もこうならないように。と日々意識的にしているつもりではありますが

セミナーにハマったり、啓発本にハマったり、「こうあるべき!」という風になってしまわないように気を付けています。

 

 

 

 

 

順番は「自分を知る」⇨「自分のやりたい事」なのに、仕事内容や仕事条件、今より他にもっと良い条件の仕事があるはず。と、

 

「自分」がないまま探すのから、「いつまでも見つからない」「思っていたのと違った」っていうふうになるのかなって思いました。

 

 

「自分の事を知ること」と「どんな人と出会ってきたか」

 

ここでいう「人」というのは「本」「旅行」とかなんでもいいんです。

 

どちらか、片方だけでもダメだし、

両方を、考えて、行動して、考えて、また行動して、を繰り返した先に

「やりたいこと」が見つかるものだと、今の僕は思っています。

 

 

「やりたいことなんだろう」って考えだした時点で

もう「やりたいこと」へのスタートを切っていると思います。

 

 

 

たくさんの方の「やってみたい」を「実現」させたい!!

 

そんな想いでブログを更新していきます!

 

それではまた!